【インタビュー】機械・包装資材どちらも頼れるパートナー、決め手は手厚いフォロー体制

今回ご紹介するのは、食品工場(水産加工物)の新工場への導入事例です。

他社とも取引がある中、キラックスにお任せいただいた決め手は、これまで築き上げてきた信頼関係。現場目線で“頼れるパートナー”と認めていただいたうえでのご依頼でした。

お悩み・ご要望
・希望の機械を含めた深絞り包装ライン(魚の切り身の凍結から包装工程まで)を新設したい
・導入後もすぐに駆けつけてくれる安心感、関係性を重視

ご提案(導入事例)
・ご希望していた機械に加え、充填機専用撹拌器を含めた深絞り包装ラインのご提案
・商品の包装資材

効果
・製造時間の短縮、生産性向上
・メーカーとのやりとりが減少し、他業務に時間を充てられる
・こまめな訪問でラインの増設・新設、機械選定、メンテナンスの相談ができ、時間・手間を削減

希望を汲み取り、プラスアルファの提案で生産効率がUP

ーあらかじめ機械選定をした段階で、ご相談いただいたのですよね。

弊社の営業がいくつかメーカーを絞っていました。
海外メーカーと国内メーカーで悩んでいましたが、規模の小さい海外メーカーだと部品の調達に1〜2ヶ月かかることもあるので、それなら国内メーカーがいいかなと。それでキラックスに相談しました。

ー最初から包装ラインの構想があったと伺いました。

機械もライン構想もほとんど決めていましたが、「こういうことしたいんだけど、これできる?」と聞いて、調整してもらいました。

その結果、魚を搬送しながら急速凍結するトンネルフリーザー、包装前に凍結した魚に液体調味料を注入するハンディ充填機を含めた包装ラインに。
ハンディ充填機に付随して提案してもらったのが専用撹拌(かくはん)器です。新商品で使う液体調味料が具材と油が分離しやすいと伝えると、しっかり混ぜられるものを探してくれました。
一式導入したことで時間短縮ができ、生産効率も上がりました。

ー新たに導入を検討している機械があると、いつもお声をかけてくださいますよね。

新商品販売が決定したタイミングや、弊社の営業や現場(工場)から声があがったときに相談しています。
それ以外にも、機械の展示会では同行してもらって、いろいろと教えてもらえるので助かります。

付き合いが長いから弊社のことをよくわかってくれているので、何かあればすぐに連絡しますね。

ー取引先を選ぶ際、関係性を重視していると伺いました。

日々ノンストップで製造している工場では、いつ不具合が起こるかわかりません。
そんな状況下で“導入して終わり”なスタンスのところは信用できない。何か起こったときに駆けつけてくれる誠実さや真摯な対応が、私たち工場がパートナーに求めるものです。

その点においてキラックスは申し分なし連絡すればすぐに対応してくれます。取引を開始して以降ずっと変わらないのでこちらも安心。
他社とも取引していますが、これまでの信頼関係があったからこそ、新工場の包装ラインもお願いしました。

これということがなくても来てくれる、だから信頼できる

キラックスと取引をするメリットを教えてください。

包装資材もお願いしていますが、週1回在庫報告をしてくれるので発注等の管理がしやすいです。

何といってもメンテナンスについては心強いですね。こちらからメーカーに直接連絡するところもありますが、中にはうまく伝わらないメーカーもあってやりとりが煩雑。
その間に入ってもらって、こちらの要望を伝えてもらえるのは本当に助かります。メーカーは何か不具合が起こらないと来ませんが、キラックスはこれということがなくても週1〜2回は来てくれる。

メーカーがいなくてもできることは対応してくれるので頼りになります。フットワークの軽さと迅速な対応は非常にありがたいですね。

※ソリューションエンジニアリング部まで
※事業部説明はこちらからご確認いただけます

株式会社キラックス
愛知県名古屋市港区土古町4-1
https://www.kiracs.co.jp/


<関連記事> この記事を読んだ方にこんな記事もオススメです

◎最新の投稿記事はこちら