商品開発部
 
 
 

線

環境に配慮した生分解性フィルムに
さらなる付加価値を

線

 
水と二酸化炭素に分解する生分解性フィルムを、目的・用途に合わせて開発します。
近年、環境に配慮したプラスチックが注目されるなか、弊社の生分解性フィルムは【2005年の愛・地球博】にも採用された実績のあるものです。
どこよりも早く“生分解”というものに着目したからこその知識と経験があるため、分解速度の調整や高強度化などのカスタマイズが可能です。
 
生分解性プラスチックとは
 
微生物や酵素の作用で水と二酸化炭素に分解され、自然に還るので環境にやさしいプラスチックです。

 
生分解性プラスチックは何からできている?

lo
 
 
植物由来原料

トウモロコシ類やキャッサバ類、菜種油など植物由来からつくりだす生分解性のプラスチック原料です。  
       
 
石油由来原料
石油由来でも環境に対し安全性が確認された生分解性のプラスチック原料です。最近の技術開発によって、そのほとんどは植物由来からつくる事ができるようになってきており、近い将来は植物由来に切り替わっていきます。  
       
 
微生物由来原料

微生物の中に、体内でプラスチックを作る種類がいます。
その微生物から取り出された生分解性プラスチック原料です。
 
       

原料による分類

 
バイオマスプラスチックだからといってすべて生分解性があるとは限りません。
弊社で開発した生分解性プラスチックは、石油由来・バイオマス由来ともに
原料は生分解性があるものを使っており、環境安全性が認められています。

キラックスの生分解性フィルムが選ばれる理由

 
当社の生分解性フィルムの最大の特徴は
生分解性樹脂の特性を把握しており樹脂配合から行うため、お客様のご要望により幅広くお応えできます。
さらには独自に開発した生分解性添加剤などを使用する事で高品質な製品開発を行う事も可能です。
【どんな特性があるのか?】【現状のものが破れやすい】【もっと、早く分解させたい】 【もっと長く保管しておきたい】など
お客様の改善課題やご要望にお応えします。
お客様それぞれの仕様にて製造しております。
生分解性フィルムは製造直後から分解が進行するため、すべて完全受注生産になります。
製造に際し、フィルムの配合やサイズ等の条件により最低生産数量が変動します。
その他、生分解性フィルムについてお困りごとなど、ぜひご相談ください。

生分解性フィルムの購入方法

 

ご注文から納品までの流れ

 
細かいご要望までヒアリングさせていただき、ご希望に沿った生分解性フィルムをお届けします。
すべてオーダーメイドでだからこそ、お客様に最適な品質のご提供が可能です。
お問い合わせする際に事前に用途や使用量、サイズなどの情報をご準備いただくとスムーズです。
 
 
 
 
 
採用事例

生分解性コンポスト袋

食品残渣をリサイクルへ

商品開発部

リサイクル(堆肥化)施設でそのまま投入可能なので袋と中身(生ゴミ)を分ける必要なし!
北海道~鹿児島県まで日本全国でご利用頂いております。
【地域環境】【堆肥化施設】【流通方法】に合わせオリジナル仕様でも製造可能です。

生分解性めじるしテープ

森林や街をプラスチック汚染から守る

商品開発部

育林、営林の際に使われる資材にもプラスチック素材がいくつもあります。樹木の識別に使われるテープもそのひとつです。分解しないプラスチックを生分解性に変えることによって、環境にやさしく使用することができます。また、色落ちが少なく分解直前まで色別が可能なため、間伐や山岳調査、地籍調査などに最適です。

生分解性レジ袋・ショップバッグ
店舗からプラスチック汚染を考える

商品開発部

店舗の顔でもあるレジ袋やショップバッグを生分解性プラスチックに変えることで、他店との差別化が計れます。2020年7月からのレジ袋有償化の開始までに環境対策をすることで、さらなる企業イメージをアップしませんか?また、ロゴなどの印刷も綺麗に施すことができるので、ブランドイメージをそのまま再現することが可能です。

 
採用事例
ec1.jpg ce2.jpg ec3.jpg ec4.jpg ec5.jpg

グリーンプラマーク

 

環境に適合した生分解性製品の証明

グリーンプラ

生分解性プラスチックは、微生物の働きで最終的に水と二酸化炭素までに分解し、使用後の環境負荷低減につながる環境配慮型のプラスチックです。しかしその機能を有効に活用するためには一般の非生分解性プラスチック製品との識別、分別回収が必要な事に加え、分解した後も土壌などに悪影響を与えない安全性の保障が必要です。
グリーンプラ識別表示制度は、こうした生分解性の基準と、環境適合性の審査基準を満たした製品に「グリーンプラ」のマークと名称の使用を認め、一般消費者への正しい理解を広め、正しい使用法と製品の普及を促進する目的で取り組まれている認証識別制度です。

認定基準の詳細は、日本バイオプラスチック協会のHPをご参照ください。

 
 
 
長年培ってきた知識と技術で、目的に合わせた生分解性フィルムの樹脂設計からご提案がします。
だからこそ、お客様により質の高い商品をご提供することができます。
生分解性プラスチックフィルムのお困り事があれば、まずはお問い合わせください。