株式会社キラックス

社   名
株式会社 キラックス

代 表 者
代表取締役 吉良 伸一

本店所在地
名古屋市港区土古町4-1

設   立
昭和40年1月

資 本 金
8,000万円

決 算 期
7月

売 上 高
111億円 (平成28年7月期実績)

従業員数
220名

事業内容

食品用包装資材・機器全般の販売
パラフィン加工品の製造と販売
紙、フィルム、金属類のラミネート加工品の製造と販売
定温物流容器など物流資材の製造と販売
生分解性プラスチックフィルム製品の製造と販売
ガラスの曲げ加工と強化加工
倉庫業


主要取引先

スーパー、外食産業、食品加工業
自動車内装品メーカー、建材メーカー
自治体、血液センター、など


取引銀行
三菱東京UFJ銀行、愛知銀行、十六銀行、名古屋銀行

吉良紙工沿革

昭和36年
(1961)
● 天然竹皮経木が人造竹皮に取り替る事に着目
  製造機械化に成功
昭和40年
(1965)
● 会社設立 (1月27日)
● 代表取締役に吉良清が就任
昭和45年
(1970)
● スーパーマーケットの発展に伴い、食品包装容器へ進出
昭和48年
(1973)
● 三重県菰野町に本格的なラミネート工場稼動
    (三重工場)
昭和52年
(1977)
● 三重県大安町にガラス加工工場稼動
  (大安工場)
昭和54年
(1979)
● 名古屋市港区宝神町に本社工場を移転
  (名古屋工場)
昭和55年
(1980)
● 本社社屋新築
● 本社機能と配送センター移転
昭和56年
(1981)
● 春日井営業所開設
昭和59年
(1984)
● 岐阜営業所開設
平成元年
(1989)
● 大安工場に建築用曲げガラスの生産設備完成
平成2年
(1990)
● 一宮営業所開設
平成4年
(1992)
● 愛知県海部郡飛島村に飛島物流倉庫完成
平成5年
(1993)
● 三重営業所開設
平成7年
(1995)
● 硝子事業部
  小牧、福岡、札幌、東京に工場及び事業所開設
平成9年
(1997)
● 大阪営業所開設
平成11年
(1999)

● 資本金8,000万円に増資

● 代表取締役に吉良伸一が就任

平成12年
(2000)
● 中部支店開設
  岐阜、一宮営業所、本社量販課を統合
平成14年
(2002)
● 三重工場と大安工場をいなべ市大安町に統合
平成17年
(2005)
● ガラス事業部福岡事業所移転 

● 3事業部制へ移行
  (パッケージング・システム事業部、複合資材事業部、ガラス事業部)

● 新基幹システムへ移行 

● 愛知万博「愛・地球博」において、弊社の「バイオマス系生分解性ゴミ袋」が採用される

平成18年
(2006)
● 複合資材事業部藤前工場開設
平成19年
(2007)

● ISO 9001:2000 認証取得 
   (対象:複合資材事業部 営業部・三重工場) 

● パッケージング・システム事業部
   三重営業所を本社 営業部へ統合 

● 三重工場に押出しラミネート機を増設

平成21年
(2009)
● 製袋加工に特化した新しい藤前工場開設
平成22年
(2010)

● ロジスティックスサポート事業部を加え、4事業部制へ移行  

● 愛知ブランド企業に認定される →ニュースはこちら

平成23年
(2011)
● 株式会社高山パッケージ企画と資本及び業務提携
平成24年
(2012)
● 本社北倉庫 完成 
平成25年
(2013)

● パッケージング・システム事業部

   福岡営業所、浜松出張所を開設

● ISO22301(事業継続マネジメント)の認証取得 

    (12月19日)

平成26年
(2014)
● 社名変更 (7月21日)
  「株式会社吉良紙工」から「株式会社キラックス」へ
平成27年
(2015)

● 複合資材事業部

   大阪府高槻市にCS部を開設 (3月1日

平成28年
(2016)

● ロジスティックスサポート事業部

   東京営業所を開設 (8月1日)

● ほうじ茶スイーツ専門店 「お茶の菓さいさい」

   1号店を西宮苦楽園に出店 (10月21日)