弊社バイオマス系生分解性レジ袋が東京のPETER RABBIT BAKERYで採用。
弊社バイオマス系生分解性レジ袋が東京のPETER RABBIT BAKERYで採用。
東京の麻布十番に2007年9月オープンのPETER RABBIT BAKERY。白神こだま酵母と国産小麦の手作りパンという原材料へのこだわりだけでなく、環境へのこだわりを持ち、地球温暖化防止「チームマイナス6%」にも参加されています。近年では、世界各国で地球温暖化などの環境問題から環境意識が高まり日本はもちろんのことドイツ・アメリカ・フランスなどをはじめとする多くの国でいろいろな政策や目標を掲げ達成を目指しています。
アメリカ全土で環境汚染につながる恐れのあるポリエチレン製レジ袋の使用を禁止する自治体の動きが広がり始め、今年に入っては、カリフォルニア州 サンフランシスコ市で小売店が使用することを禁止する全米初となる法律が可決され、各国でも反響が大きい。そうした時代の潮流の中で、弊社の製品開発に対する姿勢や実績をご評価頂き、PETER RABBIT BAKERY店内においても、弊社の環境に優しい『バイオマス系生分解性プラスチックレジ袋』が、この度、新たに採用を決定いただきました。 
環境にやさしい新素材<植物系生分解性プラスチック>
弊社は今後とも限りある資源を大切に環境を考えた商品開発を行なってまいります。